バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2015年5月22日金曜日

学会①:学会発表へ向けて

来週は札幌で学会です.
しばらく更新も止まると思いますが,ご容赦下さい.

ということで,学会とは何か?という話題を当面のネタにしつつ,それに関わる研究者の裏側を紹介しようという趣向で連載します.


以前に,音楽で言うところのCDが論文,ライブコンサートが学会と述べました.
学会は研究者が一堂に会する場で,最新の実験データを元にお互いに成果報告し,情報交換するイベントです.

例えば来週は,「高分子学会」に参加しますが,この学会には日本全国の「高分子科学者」が参加します.
大学・研究所の研究者だけではなく,総合化学メーカーや材料メーカーなど,関連する企業のエンジニアの皆さんも参加して,いわゆるシーズ研究(将来開花しそうな研究の種)を探しに来たり,共同研究先と打ち合わせをしたりもします.
また,意外にも参加者の大半はプロの研究者ではなく,プロを目指す大学院生なんです.
最新の研究成果は実験者である学生が主に行います.これは,教育的な意味もありますし,実験者が一番事情をよく知っているからでもありますね.

最近はグローバル化も進んでいて,今回は私は英語で講演をします.
本当は講演の準備・練習をしたいのですが,来週不在にする関係で他業務がとても忙しく,なかなか手に着かない状況です.

その一つが,これ.


そう,実験です.
先週,凡ミスでできなかった実験も,ようやく開始することが出来ました.
新人に教えながらなので,超スローペースで進捗しております.



0 件のコメント:

コメントを投稿