バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2015年6月12日金曜日

学会②:札幌は研究者だらけ

更新が滞ってすみません,高坂です.

先々週は学会で,そのまま怒濤の2週間があっという間に過ぎてしまいました.

この間,現職に着任して初めての講義があったり,実験の授業で実技指導・安全監督をしたり,次の学会の準備が迫ったり,もちろん研究もしたりで,ほとんど寝る間もない毎日でした.
残念なことに,来週も山口県への出張が入ったりと,なかなかゆっくりできそうにございません.

さて,ブログはというと,学会に関するお話の途中でした.

例年,5月の高分子学会は横浜で開催していたのですが.
今年から地方を巡業することになり,札幌での開催となりました.

5月の札幌は涼しく,会議施設も素晴らしい設備が揃っていて,非常に快適な学会でした.
唯一の欠点は距離で,初日は12時に信州大学を出て,ホテルに到着したのが21時と,移動するだけでとても疲れました.

札幌につくと,ススキノは研究者だらけ.
ホテルに向かう路上で知り合いの研究者2名に会い,ラーメン屋の隣のカウンターで別の研究者に会い,といった具合で,会期中は街に出る度に誰かに会う状況でした.
よくよく考えると,繁華街に研究者が集結って,なんか面白い光景ですね.

この辺りは人間共通なもので,どんなに偉い先生でも,札幌ではやはりラーメン,ビール,海鮮,ジンギスカンのようです.
というわけで,私も楽しい思いをさせて頂きました.
順番に,「すみれ」「奥芝(スープカレー)」「ひぐま」「白樺山荘」です.
こういう意味では,地方開催も,悪くないですね.宴会三昧で,教え子にご馳走したりもするので,甚だ財布が苦しいですが…





2 件のコメント:

  1. ラーメンの写真を見るだけで、おなかがすいて来ます。
    おいしいですよね!札幌のラーメンには、あまりはずれがないような気がします。平均点が高いですよね?

    返信削除
  2. 中原さん

    そうですね,やはり道民は味にうるさいのでしょうか.

    こちら信州では観光客が多いせいか,蕎麦には外れも多いですね.立地で集客しているところもあるので,ガイドブックに載っていても,美味しいとは限りません.

    返信削除