バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2015年9月24日木曜日

実験設備の整備 その1

毎度,更新が滞ってすみません.

実はこの間いろいろなことがありまして,

1. 新しい論文が受理!
2. 仙台に学会出張
3. マレーシア科学連盟の70周年記念会議でで招待講演

と,実験や学生指導,大学運営以外にも大忙しです.
 どれも印象的な出来事だったので,次回以降に紹介しますね.

 ちなみに,この先は

4. 初講義
5. 科研費の申請
6. 米沢で開催される国際シンポジウムで招待講演
7. 横浜で開催される国際会議で講演

と,毎週大きなイベントが目白押しなので,更新もゆっくりペースになるかも知れませんが,ご容赦下さい.

 さて,前置きが長くなりましたが,今回の話題は実験設備の整備です.
前回,テニュアトラック制度普及・定着事業の一環で研究室の設立予算が付いたことを報告しました.

この1ヶ月で発注した設備のおよそ半分が納品されましたので,ご紹介します.


はじめに,ホワイトボード
研究者は議論が大好きなので,ホワイトボードは必須アイテムです!
むかし,マサチューセッツ工科大学 (MIT) で研究していたときは,実験室の壁全面がホワイトボードで驚いた記憶があります.やはり,議論は研究の源なんでしょうね.


こちらは,超音波洗浄機です.
単純に言うと,メガネの汚れを落とすアレと同じですが,もちろんパワーは桁違い.さらに,加熱装置とタイマー付きで,長時間使用にも対応しています.
この装置は汚れを落とすだけではなく,液体(石油系溶剤)に含まれる空気を抜くのに使われたり,溶けにくい結晶の塊を砕いたり,時には化学反応のエネルギー源(ふつうは熱を使うところを,超音波で代用)にしたりと,まぁ用途は様々.

これまで,水が500 mL入る小さな超音波洗浄機は持っていましたが,使い勝手が悪いので,20 L仕様の最高級品を購入してしまいました.

実は,これ,中古なんです.当初はもっとグレードの低い商品を新品で購入しようとしていたのですが,同じ値段で最高級品が販売されていて,中古とはいえ状態も良好だったので急遽購入しました.

私は研究者ですが,こういった調達や経営も1人でこなしているので,実は皆さんの想像以外の部分で忙しいのです.

こちらは分析天秤です.
0.1 mgまで,2-3秒で正確に秤量できる優れものです.

化学の実験では,理論や経験を元に薬品の混合比を予め決めておいて,体積や重さで秤量,混合して反応を実施します.

ピンとこないかもしれませんが,例えば皆さんが飲んでいる風邪薬を見ると,有効成分が0.5 mgとか書いてありますよね.これ,もし0.6 mgにもなると,僅かな差ですが2割増しです.そんな薬を飲んだら,効き過ぎてしまいますよね.逆に2割減では,全然効果が薄いでしょう.

こうして考えると,0.1 mgまで正確に秤量することが如何に大事なのか,ご理解頂けると思います.
今回,この装置が導入されたので,これまで10 mgで実施していた実験が,1 mgで実施できるようになります.こうなると薬品も節約できますから,経費も手間も削減できますし,何より実験で排出される有害物質が少量で済みます.

他にもたくさん装置が増えてきているのですが,長くなったので次回にしましょう.




0 件のコメント:

コメントを投稿