バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2015年12月11日金曜日

研究室完成までの長い道のり(第1回)

研究費のお話が終わったところで,研究室立ち上げの裏側を紹介します.

思えば,4月は本当にほぼ更地から始まったんですよね.
 このブログの実質的な第1回の投稿も,そんな状況を語っていました.

そして,5月の1回目の投稿は,「アングルを立てる」.
まだ,実験台すら未完成だったことが偲ばれます.
その後,職場の上司から基本道具であるエバポレーターを譲って貰いました

この頃は,日曜平日大工で実験室に鍵を付けたりもしました.
常備試薬がなくて,実験が停止したこともありました.

ある意味,のどかな風景でしたね.

研究費も,大学からの運営費と,前職から継続の2件の科研費,財団からの寄附金2件の手持ちの軍資金で回していました.このうち,前者3つはあっという間になくなりました.

私としては充実していた気分だったのですが,伊藤先生から心配されたこともありました.

そこに,バブル到来!!本学がテニュアトラック事業に採用され,国からの強力なサポートが保証されました.さらに,事業が不採用のときに備えて,個人的に水面下で動いていた草の根活動が実り始めました.

まず,現在までに国際科学技術財団を含む,5つの財団からご寄付を賜りました.
さらに,企業との共同研究も始まりました.こうして前回説明した研究費獲得の手段をフル活用し,実験室が充実して参りました.

詳しい機材の説明は後回しにするとして,まずは一挙に見てみましょう!

分子量測定装置:サイズ排除クロマトグラム

ホワイトボード.大,中の2台買いました.

ベルト駆動型油回転式真空ポンプ3台

直結型油回転式真空ポンプ1台

大容量の恒温超音波洗浄機

分析天秤.ほかサイズ違いの電子天秤2台も購入.

防爆冷蔵・冷凍庫.ふつうの冷蔵・冷凍庫と2台体制.
 
真空検体乾燥器.200度まで加熱しながら真空引きできる.

卓上遠心分離器.実はまだ1回しか使っていない…

壁一面の巨大ホワイトボード

あちらこちらにホワイトボード.科学は議論してなんぼ.

壁掛け式の器具乾燥器.

恒温乾燥機.この写真の頃はまだ何もなかった…

局所排気装置(ドラフト).後に簡易型をもう1台設置した.

ロータリーエバポレーター.こちらも現在では2台に増設.
乾燥窒素ライン2本.この設計・設置が大変だった.

真空ライン2本.これも私のデザインによる.
ガスクトマトグラム.純度や反応の進行度を測る機会.

とまぁ,こんな感じで,やっとこさ完成しました.

これもまだ仮の姿で,もう1カ年かけて拡充予定です!

4 件のコメント:

  1. すばらしい研究体制ですね!
    なにもかも新しく、とてもうらやましいです。
    真空ラインはマニフォールドではないのですね。
    コックとの連結部のくびれにはなにか深い意図が隠されているのでしょうか、とても興味深いです。

    返信削除
    返信
    1. 山田先生

      ご無沙汰しています.

      実は,直結式の真空ポンプとGCの実験台,エバポレーター本体,超音波洗浄機は全て中古品です.中古でも時々いい品があったり,良品が格安で手に入るんです.

      真空ラインは,2連のマニフォールドが1台あります.写真のはアニオン重合用ラインで,セプタムのゴム片と開始剤(ブチルリチウム)が反応してしまうので,特殊な実験方法が必要なんです.

      真空ライン自体は,油拡散真空ポンプにも耐えうるZ型コックで設計しています.実際は油回転ポンプで運用しており,どちらかというと真空ライン上で蒸留する特殊な操作の関係でZ型を採用したという事情があります.

      削除
  2. 後倍くらいの装置が必要だと思いますが助成金5件も入れてテニュアトラックはそこそこお金出るんですね。初年度でこれだけあれば干上がることはなさそうで安心しました。来年科研費2個くらい当たれば安泰ですね。
    私も若手Aとさきがけで独立時に必要な買い揃え始めていますが一番欲しいのは部屋です(笑)部屋は買えないですからね・・・。

    返信削除
    返信
    1. 全然足りませんね…
      卒論が追い込みになって,さらに大量発注です.

      部屋は私も狭くて困っています.あと,ドラフトや液体窒素タンク(本学にはないのです!)といった設備類ですね.

      削除