バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2015年12月1日火曜日

仙台で学会発表

もうかなり前の話ですが,9月15-17日に仙台で開催される高分子討論会に参加して参りました.


仙台といえば牛タンですが,まずは海の幸で腹ごしらえ.
というより,学会会場が東北大学だったので,食堂以外に食べる場所がなく,その食堂も混雑が要されたため,駅弁での対応になりました.

このあたり,年の功というか,手ぶらで参加した学生は,食事を諦めざるを得なかったみたいですね.



夜は共同研究先と牛タンで会食.
信じられないくらいの厚切りで,美味です.

が,仙台と言えば「牛タン」となるわけで,このあと共同研究先と打合せが入る度に,毎回「牛タンで会食」になったのでした.美味しいから嬉しいけど,財布が苦しい.会社員と違って,公務員は交際費が出ませんから,すべて自腹ですからねぇ.



これは,東北大の生協で見つけた有機化学の教科書.
実は,英語なんですよ,これ.私の講義でも同じ教科書を使っていますが,もちろん翻訳版.
さすが東北大!と思いつつも,一つ間違えると「学生が教科書を全く読まない」ことになりそうです.何せ,私自身が学生時代に英語で無機化学の教科書を買い,そうなりましたから.



発表も終わって,大学近くという青葉城へ.
予想以上に堅牢な山城で,スーツで行くところではなかったです.このあと,またも「牛タン会食」でした…

0 件のコメント:

コメントを投稿