バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2016年5月31日火曜日

ハンガリー出張 その2:早く着いたので観光へ

ハンガリー出張,2日目です.

学会はこの日の夜からだったので,夕方まで自由時間でした.
ちょうど日曜日でもあったので,両替など旅の準備がてら,少しばかり観光に行ってきました.

こちらはマーチャーシュ教会.かつてハンガリー王の戴冠式も行ったことがあるという,歴史ある教会です.


ゴシック様式の教会って,内壁は石がむき出しのところが多い印象でしたが,こちらは内壁の装飾も素晴らしく,荘厳さを増す一因になっています.


ステンドグラスは何度見ても綺麗です.


そして,200段近くある階段を上り,鐘の塔へ.そこからの眺めをどうぞ.


こちらはブダペストのブダ側で,カルスト地形の丘と赤い屋根がよいコントラストで,彩り鮮やかな街並みを形成しています.



上からの眺め.ひぇぇ.




上の写真はペスト側.ドナウ川の畔に国会議事堂(写真右端)も見えます.


観光らしい観光は以上で,あとは旅の準備が大半でした.
こうして 夕方には,学会会場へ.

案内板が全然なく,不安に思ったそのとき,地面を見ると…


LPP16は学会名です.これ,タダの落書きに見えていました.
日本だと駅の改札に「○○家→」みたいに人が立っているものなので,その発想はなかった!!

というわけで,今日から学会です!


2 件のコメント:

  1. 学会への案内標識がこれですか。。面白い!
    自然にこういうことが、平気にできるのは、日本人には出来ない発想ですね。日本だったら、「こんなの、アリか?!」って、世の中でやっている一般的な方法から外れる事の是非を口走ってしまうような
    気がします。
    自分の独創的なやり方を試すことが、その段階でなくなってしまってますよね?

    返信削除
    返信
    1. いや,でも,これ,駅の床ですよ!
      さすがに公共物に落書きはまずいような…

      何となく牧歌的で,のんびりとしたお国柄だからこそ許されるのでしょうね.他にも似たような表示がありましたし.

      削除