バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2016年5月5日木曜日

GWと国際化社会

皆さん,GWはいかがお過ごしでしょうか.

私も帰省や家族旅行,日曜大工など,一見するとふつうの連休を過ごしています.
一見すると…ですが.

当然ながら,国内業務,つまり教育や大学の運営業務はもちろん休業です.
今年は大型連休で,2日も休めばほぼ1週間,6日まで休めば10日間も休めますね.

ところが,国際業務はそうも行きません.
クリスマス休暇や春節など,欧米や中国と行った大国が休みになるならともかく, GWは日本だけです.みどりの日も憲法記念日も,昭和の日も端午の節句も…ほら,日本だけでしょう?

すると,海外からメールは届くわ,論文査読の依頼は来るわ…で,1日も休めば仕事がギッシリ.
誰の相手にもされない,寂しい研究者ではないことの裏返しなので,むしろ喜ぶべきなのかもしれません.

というわけで,連休の後半戦は出勤です.

じゃぁ,もしこれらの仕事が来なかったら?

論文を書きますね.やっぱり,研究してしまいます.

0 件のコメント:

コメントを投稿