バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2016年6月30日木曜日

新しい総説が出ました!(しばらく無料公開中)

今回は珍しく日本語の論文です!

高分子学会が刊行する高分子論文集に,新しい総説が掲載されました.
地味に初めての単著での論文です.


α-機能化アクリル酸エステルの重合化学 —精密重合・機能創成を目指した分子設計—

髙坂泰弘高分子論文集,早期公開 (DOI: 10.1295/koron.2016-0024)


「高分子科学・工業のニューウェーブ」という,若手の登竜門枠に採択頂きました.
審査頂いた皆様に感謝申し上げます.

私の専門は高分子合成です.
高分子合成の花形は重合化学で,低分子をいかに精密に組み上げるか,という精巧な反応設計・技術に醍醐味があります.

例えば,金澤有紘先生(阪大)の下記の総説では,A, B, Cの分子をABCの順序でABCABCABC....と秩序立てて連結する戦略が述べられております.非常に面白い研究ですので,是非ご一読下さい.


ビニル付加・開環同時カチオン共重合:ビニルエーテルとオキシラン間の交差生長反応を伴う共重合系の開発

金澤有紘,高分子論文集,早期公開 (DOI: 10.1295/koron.2016-0026)


一方,私の研究では原料となる小さな分子自体に仕掛けがなされており,特殊な化学反応を使用しなくても,高分子の精密合成や機能創成が可能になる点が特徴です.

何せニッチな研究なので(低分子合成は有機化学,重合は高分子化学が担当するので,まさに隙間産業!),ライバルが少ない反面,下手をすると何がしたいのか全く理解できない部分だと思います.
ですので,ずっとまとめて研究を説明する機会が欲しかったのですが,こうして機会に恵まれ,大変有り難く感じています.

実は,まだ載せられていない最新の成果や考え方があるので,またの機会に是非報告できればと思います.


0 件のコメント:

コメントを投稿