バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2016年8月17日水曜日

研究室のホームページを更新

お盆休み最後の日,研究室ホームページを更新しました.

信州大繊維学部 高坂研究室ホームページ
http://fiber.shinshu-u.ac.jp/kohsaka/index.html


更新箇所: ほぼ全部

トップページの写真とニュースを更新
研究内容に関連論文を追加
メンバーを更新,研究機器を更新
論文リストを最新版に更新し,本学のデータベースから原稿が無料で閲覧できる場合はリンクを追加


実は休暇前に更新していたんですが,
一部のブラウザで表示がずれるミスがあり,
デバッグが必要な状態でした.

ほとんどのブラウザでも回避できる程度の軽微なミスで,
通常の編集ソフトでもエラーが検出されないため,
長らく気付いていなかったわけです.

が,よりによって,本学の推奨ブラウザや主要な携帯電話で生じるエラーだったので,
無視できない状況ではありました.

編集ソフトでは検出できないので,
HTMLを直接解読するしかありません.

まぁ,症状から原因は明白だったので,簡単に直せましたが,
とにかくタグが汚いですね.
編集ソフトを使っている以上,自動生成ですから,
ある程度は致し方ない部分がありますが…

当然ながら,HTMLも,OfficeのWordやExcelも,
化学とは全く関係ありません.

何故使いこなせるかというと,
高校のときに部活の会計を担当していたので,
WordとExcelは使いこなす必要がありました.

HTMLは,いまのようにブログやSNSのない高校時代でしたので,
お互いにホームページを開設して,
掲示板やチャットで交流していた経験が生きています.
大学の時に作ったサークルのホームページの知識も役立ちました.


東工大Science Techno ホームページ
http://www.t-scitech.net/


当時企画した科学展の一つ 「聞く?効く!お薬」


昔取った杵柄,といいますが,
全くどこで何の経験が生きるか全く予想が付きません.

研究ではMicrosoft Officeはもちろん,
Adobe系のデザインソフト,ホームページ編集ソフト,
さらにはCG作成ソフトも使います.

加えて,化学式描画ソフト,量子化学計算ソフト,
赤外/核磁気共鳴スペクトル解析ソフト,
クロマトグラム解析ソフト…など専門ソフトを使います.

こうした技術は講義ではほとんど教えませんので,
実質独学と研究室での指導が修得の場ですが,
PCが苦手な学生にとっては,結構大変かもしれませんね.

0 件のコメント:

コメントを投稿