バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2016年9月5日月曜日

祝・10000アクセス!(追記)

先ほど,当ブログの総アクセス数が10,000回に達しました!!

開設から約1年半での達成に,有り難く思います.

思えば,急に研究室を立ち上げることが決まったのが2年前の11月.

立ち上げ資金が不透明な中,
何としてでも資金を収集 すべく,
様々な研究アイディアを企画書に起こしては,あちこちの財団の助成に応募しました.

国際科学技術財団様もその一つで,11月末が公募締切だったことから,
かねてから温めていたアイディアを急ぎ申請書にまとめた記憶があります.
その後,私の企画を採用して頂き,
その対価として

研究ブログの執筆 と やさしい科学セミナーの開催 

を受諾しました.

こうして実名で研究ブログを書くことには,かなりのリスクがありました.
所属大学を含め,関係者の迷惑にはならないか…
ブログを書くことに批判的な研究者も多いため,
結果的に学会における自分の立場を悪くすることにならないか…

ただ,私は研究歴より科学技術コミュニケーション歴(何度も言いますがこの言葉は嫌いです)の方が長い異色の研究者で,
そうした経緯も含めて研究助成に採用して頂いたようでした.

この方面の活動の重要性は認知しており,
特に プロの研究者として言葉を社会に発信 する意義は大きいと考え,研究ブログを形式的なものにせず,継続的に更新することにしました.

また, 研究室を立ち上げる ,という,
研究者でも滅多に体験できない稀有な状況が重なり,
その記録,備忘録として同業者に発信する意味もあると考えました.

こうした経緯で,仕事の合間を縫って,本日まで65本の記事を執筆してきました.
実は1周年の折に,「ブログを閉鎖してもよい」という話も持ちかけられましたが,継続の意思を伝えていまに至ります.

ちなみに,やさしい科学セミナーの動画は90分の超大作にもかかわらず,
公開半年で再生数は既に550回を超えております.
この種の動画としては,かなり多い再生数です.こちらも併せて宜しくお願いします.

これからも可能な限り更新を続けていきますので,どうぞよろしくお願いします.

追記


開設(2015年4月)から現在までのアクセスチャートです.
こうしてみると,更新しただけコンスタントにアクセスして頂いていることが分かります.

記事別に見ると,アクセス1位はテニュアトラック制度に関する説明記事で,3位が科研費の記事.特に科研費は半年足らずで300回以上の閲覧がありました.
いずれも,同業者からの関心が高いことが伺えます.

2位は研究論文に関する記事で,こちらは私がホームページからリンク先を間違えて貼ってしまったことに起因しています.ただ,論文とは何か,という説明書きが附されていて,そういった研究の裏事情への関心の高さも理由の一つのようです.

アクセス元は1位が国際科学技術財団のページで,次がなんとGoogleです.
やはり,研究のホットな話題が検索に引っかかったためと思われます.

以下,私の研究室の新旧HPへと続きます.




5 件のコメント:

  1. 10,000回ですかっ!それはすごいですね!

    返信削除
  2. ちなみにこんなグラフです。https://twitter.com/JapanPrize/status/772984719302467585

    返信削除
  3. 小倉さん

    こち亀に習って1万回でやめるべきでしたかね.

    返信削除
  4. 高坂先生
    素晴らしい!の一言です。
    月並みですが、「継続は力なり!」です。

    返信削除
  5. 中原さん

    ありがとうございます.
    まぁ,たぶん1000回程度はDDS攻撃のような気がします.直近では小倉さんが掲載されたグラフの最終局面で異常なアクセス数がありますが,あれは海外のとある国からです.

    返信削除