バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2016年9月6日火曜日

GTOを衝動買い

ずっと欲しかったGTOを衝動買いしてしまいました!

もちろん, Great Teacher Onizukaでも♪Poisonでもないですよ!
初代のドラマは結構好きでしたけど…

GTO, 正しくはGlass Tube Oven,ドイツ語ではクーゲルロール(棒と球)はこんな外観です.


簡単に言えば,簡易蒸留装置ですね.
写真だと分かりにくいのですが,真空下,ヒーターで試料球を加熱してサンプルを気化させ,自然冷却により凝縮させて精製する装置です.

混合物から揮発性の物質のみを回収するときや,沸点差が大きい物質を分別する際に便利です.

私の研究では,空気や水,熱によって劣化する化学物質が登場します.
試薬の購入直後,あるいは物質の合成直後は高い純度を保っていても,次第に劣化して研究に使えなくなることがあります.

また,不安定な物質を安全に輸送・保管するために,防腐剤のような添加物を加えていることもあります.この場合,実験前に添加物を除去しなければなりません.

こうしたときに,いちいち蒸留装置を組み上げるのは大変ですし,いわゆるリービッヒ冷却器は固体の蒸留には不向きです(留分が固化して詰まってしまう).

そこで,クーゲルロール(私はドイツ語で呼ぶ派)が活躍します.

この装置,日本ではあるメーカーを除いてほとんど生産されていないため,見た目以上に高いんです.
ですが,導入後に早速稼働させて思いました.買ってよかった!と.

やはり,道具があって初めて研究がはかどりますね.
実験の効率も精度もが大幅にアップしました!!



0 件のコメント:

コメントを投稿