バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2016年10月22日土曜日

高坂研単独の初論文!(無料公開中)

独立して1年半が経ちましたが,このたび1期生の論文がweb公開されました.

Synthesis of Thermo-Responsive Polymer via Radical (Co)polymerization of N,N-Dimethyl-α-(hydroxymethyl)acrylamide with N,N-Diethylacrylamide

N,N-ジメチル-α-(ヒドロキシメチル)アクリルアミドとN,N-ジエチルアクリルアミドのラジカル(共)重合による温度応答性ポリマーの合成)

Yasuhiro Kohsaka, Yoshiaki Tanimoto

(Faculty of Textile Science and Engineering, Shinshu University)
Polymers 20168(10), 374; doi:10.3390/polym8100374
http://www.mdpi.com/2073-4360/8/10/374




低温では水に溶けるものの,ある温度を境に全く水に溶けなくなる新しい高分子を合成したという内容です.
実際はその性質自体は特段新しいものではなく,合成戦略に特徴があります.
従来,高分子を与えない(重合しない)と考えられていた原料(モノマー)をあえて合成,反応させました.
単独では重合しませんでしたが,類似の汎用モノマーと組み合わせた際に,既存の理屈から予想される以上に重合し,前述のような温度応答性を持つ高分子を与えた,という内容です.

実は当初の研究計画とだいぶ違った展開で論文化するに至りましたが,成果報告にはちょうどよい頃合いでもありました.
これ以上の内容を詰め込むと,焦点がぼけてしまうからです.

何はともあれ,独立して最初の論文です.次の論文の投稿も控えており,この勢いで頑張りたいと思います.


1 件のコメント:

  1. 高坂先生、おめでとうございます。
    勢いを保って馬力を出して下さい。

    返信削除