バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2017年1月26日木曜日

特別展「宮沢賢治と化学」を見て

先日,宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」がインターネットで話題になっているのを見て,昨年大阪に行ったときのことを思い出しました.


これは,宮沢賢治が使用していたカリ球という化学実験の器具を再現したものです.
その頃,大阪市立博物館で「宮沢賢治と化学」という企画展が開催されていました.
当研究室にガラス器具を納入頂いている古川理工様の寄贈品が陳列されていると伺い,近くに用事があったので,ついでに拝見した次第です.

余談ですが,この大阪市立博物館は化学の展示が充実した,全国的にもたいへん珍しい科学館です.



私の研究分野の高分子化学も,大きく取り上げられています.
臭いや手触りなど,実際に体験しながら学べる展示になっていますので,お近くにお越しの際は是非覗いてみて下さい.プラネタリウムも目を見張るものがあります.

さて,展示を拝見して,宮沢文学が化学的な事象を扱っていることを知り,改めて読み返してみたくなりました.
悲愴的な内容が多いので,子供の頃はあまり好きではなかったのですが,今なら表現の一つ一つを噛みしめる余裕があるはずです.

科学者としてもう一人,気になる存在が寺田寅彦です.
この方は随筆集が有名ですが,科学者としても超一流で,結晶物理学で業績を残しています.弟子に人工雪で有名な中谷宇吉郎がいることも興味深く,科学と日常の接点を捉えた点に共感します.

私はまだ全集を手にしたことはないのですが,海外出張の飛行機内など,時間が取れるときに読んでみたいと思っています(といいつつ娯楽小説を読んでしまいますが).

現代の生活は当時から考えられないほど発達し,科学技術に溢れています.
その反面,単純な原理で動く機械が減っていたり,工業デザインの結果,目に見えない工夫がされていたりするので,何となく面白みに欠けます.

ブログでも,こうした日常の科学にも触れる機会があればとも思いますが,そうしたブログやwebサイトは既に充実していますので,ここでは引き続き,「研究ブログ」の理念に根ざした最先端のお話を進めることにします.



0 件のコメント:

コメントを投稿