バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2017年3月27日月曜日

日本化学会東海支部長賞

先週末,当研究室の第2期生3名が無事に卒業しました.

全員が大学院に進学しますが,まずは無事に一区切りです.
今年は予想以上に成果も上がり,1名は既に私と連名で特許を申請しています(詳しくはこちら).論文もあとは書くだけ,という段階まで来ていて,まもなく発表できるでしょう.

そして,2年目にして成!


学部4年生の宮崎君が,日本化学会東海支部長賞を受賞しました!
私は未だ,ほとんど講演賞を頂いたことがないので(1度だけ奇跡が起こりましたが),デビュー戦でこの戦果はまったく驚く限りです.

これを励みに,研究室にも弾みが付くとよいですね.

2017年3月21日火曜日

専門書あれこれ

先週は1週間全国各地を転々とする毎日で,とても大変でした!
その収穫がたくさんの専門書だったので,今回は本のお話です.

大学に合格し,初めて専門書を買ったのが約15年前のいま頃でしょうか.
当時は教科書の値段にびっくりしたものです.1冊5千円前後の本を10冊も買い込むと,もう5万円ですからね.

いまになって考えると,ベストセラーの教科書ならフルカラー刷りでも1冊5,000円程度,原色カラーの図鑑を買ったと思えば安いものです.
一方,研究に使用する専門書は発行部数が少なく,1冊10,000円~は当たり前で,数年前に私が執筆した本70,000円以上もします.
ここまで来ると,研究費で買うにしても,さすがに躊躇する値段です.

さて,そんな専門書ですが,新品,最新刊でも安く購入する方法があります.
それは,学会に参加することです!

学会は研究発表や情報交換の場ですが,同時に企業が専門機器の見本市を開催していたり,市民向けの公開講座が開かれていたりします.
出版社の即売所もあり,そこでは卸売価格に近い値段で専門書を購入することができます.複数の専門書を見比べながら購入できる数少ないチャンスですので,私の場合,ほぼ毎回,参加するたびに本が増えてしまいます.


というわけで,今回はこんなラインナップになりました.
今回は専門書ではなく,一般書や演習書が主です.

まず紹介したいのは「カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの?(東京化学同人)」です.
これは一般書,雑学読み物の部類で,身の回りの化学を紹介する内容です.
授業のブレークで使う小ネタの情報源として最適ですし,化学の本なのにおしゃれなページが続くので,スライドの作り方,見せ方や話題の切り出し方の勉強にもなります.

それ以外は,有機化学の演習書2種類を買いました.
このシリーズは名著として名高い定番の本なのですが,研究室の学生の勉強に最適ですし,講義の課題や小テストなどを作る際にも大いに参考になります.

また,写真には写っていませんが,計算化学のマニュアルも買いました.

専門書にもよりますが,本の内容すべてが欲しい情報と言うことはまずなく,大概は既に知っていたり,関係なかったりするものです.
とはいえ,知識を体系的にまとめた書物を読むと頭の中が整理されますし,様々な専門書に分散した情報を集めて再構築すると,新しい研究のヒントになります.

そんなわけで,本がどんどん増えて行ってしまいます.
よく,大学教授のインタビューで,背中の向こうにたくさんの本が並んでいる光景が写されますが,こうした事情で(?)構築される景色なんです.


新しい本だけが有用とは限りません.
最新の本には最新の学説が書いてありますが,なぜそこに至ったのか,他に考え方はなかったのか,などの過去の経緯は古書を当たるしかありません.

先日,私の恩師の退職に伴い,廃棄予定の本を譲って頂く機会に恵まれました.




この本はたいへんな名著で,著者はもれなく高分子化学の巨星です.私は何度もこの本を読みましたが,こうして手元に残すことができて,大変ありがたく思います.

他にも,素晴らしい本だと思いながら,出版社の廃業などの事情で絶版となった入手困難な書籍もあります.
来週,神保町の近くに出張があるので,久しぶりに古本屋に発掘に行こうか考え中です.








2017年3月7日火曜日

【実験動画】1滴ずつゆっくりと


先日購入したシリンジポンプを初稼働しました!



この機械は液体試料(薬品)を注射器にいれ,一定速度で射出したり吸引したりできる装置です.

仕組みは至って簡単で,注射器の内径と希望する射出/吸引速度を入力すると,プランジャー(ピストン)の押出速度が自動的に計算されるので,後は所定の位置に注射器をセットするだけ.
写真では,左の機械にセットされたシリンジ(注射器)から長い針が伸びています.
針先は右端にあるフラスコに,ゴム栓を通して接続され,ここから試薬が注入されます.
おもちゃの風船にはアルゴンガスが充填されていて,反応容器の内容物が空気に触れないよう密閉されています.

詳しくは下記の動画でどうぞ.



シリンジポンプを初めて見た学生からは,「安直な装置ですね」との感想も聞こえました.が,こういう単純な目的の装置は構造が単純な方がメンテナンスもしやすく,下手に複雑で高機能だったり,外見が洗練されていたりとすると,かえって面倒です.

今回の実験では,1時間に20 mLの滴下速度で試薬を反応容器に加えていきました.
なぜこうした操作が必要になるかというと,一気に試薬を加えると反応熱が急激に生じて危険だったり,反応の初期と後期で濃度を変更して実験したかったり(料理で調味料を何回かに分けて加えて,食材の煮え具合に合わせて味をしみこませるイメージに近い),いろいろです.

上記は昨年発表された論文に従った手順で実験していますが,正直こんなに慎重にやる必要はないのでは・・・とも思いますが.