バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2017年5月25日木曜日

ベルギー滞在記-3 発表,そして晩餐会へ

APME2017に参加するため,ベルギーはゲントに来ています.

学会は2日目に進み,いよいよ私の講演です.


といっても学会は撮影禁止ですから,写真はありません.

今回はMacromoleculesという高分子科学で最高峰の論文のChief Editorを務めるProf. Timothy Lodgeと,環状高分子合成の世界的な権威である,東工大の手塚先生の間に講演することになり,絶好の機会に恵まれました.

当然,部屋もとても大きく,かなり緊張するような状況でしたが・・・

実はあまり緊張しないんですよ,私.
というのも,今回は共同研究ではなく,信州大チームでの単独の研究ですから,講演に失敗したところで他人に気遣いすることはありません.
失敗すると,後悔よりは,どちらかというと聴衆に申し訳ない気分になるので,とにかくわかりやすく資料を作ろう,とか,そういう努力は怠りませんが.

結果的に上手い講演とはお世辞にも言えませんでしたが,講演は無事に終わり,ありがたいことに,次の招待講演のお話を賜りました.
また,前日に議論した中国の研究者を初め,講演後に海外の方から意見を頂くことができました.

今回,参加人数が極めて多く,会場の制約から口頭発表の人数は大きく制限されてました.私自身,このような機会を頂戴したこと自体が奇跡的だと思っているのですが,運営委員会の皆様には感謝しかありません.

さて,講演後は楽しい晩餐会です.
会場はここ,旧魚市場.中世からの建物を改築したそうで,以前はボーリング場だったとか.


って,ここ,私,初日に観光で来てますよ!
地球の歩き方にも名所と書いてありました!
まさかこんな素晴らしいお店で食べられるとは.


水辺なので,ギルドの建物を眺めることができます.
始まるまで,ここで食前酒を頂きながらベルギー,中国,日本など各国の方と会談しました.


これがメニューです.わくわくしますけど,ちょっと品数が少ない?


前菜 兼 魚料理です.
まさかの刺身で,日本食のオマージュが見られました.美味しい味付けでした.


こちらは肉料理.柔らかい味でした.


そしてデザート.

この3品を4時間かけて食べたわけで,その間にものすごい量のワインを勧められましたが,私はそんなに飲めません.

このあと,終わってから午前3時過ぎまでダンスパーティーでした.
私はもう23時に帰りましたが,皆さん元気ですね!翌朝,普通に講演しているわけで,欧米人の体力には脱帽です.


0 件のコメント:

コメントを投稿