バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2017年11月14日火曜日

研究室を大改造!

某テレビ番組じゃないですが,研究室を劇的に改造中です.

設立初年度こそ教員1名,学生3名の少人数スタートでしたが,
研究室はいまや11名の大所帯.
来年度はもっと大変で,単純計算で12~13名に増加する見込みです.

こうなると,実験室,学生室ともども,手狭になってしまいます.
ドラフト(局所排気装置/有毒ガスを吸引する装置)も既存の1基では足りなくなり,
このたび1基を増設することになりました.

研究室に割り当てられたスペースは変わりませんので,
いかにデッドスペースを作らないかが,大きな鍵になります.
入居時から鎮座している大型什器を必要最低限まで断捨離し,
無駄なスペースを徹底的に排除するしかありません.

というわけで,これから研究室の雰囲気が大きく変わりますので,
折を見て写真で報告できればと思います.

しかし・・・ものすごい出費です.
ドラフトはともかく,実験台の増設,事務机の追加購入(検討中)などトンデモナイ金額になります.
今年は研究費に余裕があったのですが,どうも雲行きが怪しくなってきました・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿