バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化

髙坂泰弘
(信州大学繊維学部 テニュアトラック助教)

2018年3月27日火曜日

トップジャーナルが選ぶ,新進気鋭の研究者に選出!

英国王立化学協会が発行するPolymer Chemistry (Impact Factor: 5.375, Q1) は,高分子化学ではアメリカ化学会刊行のMacromoleculesシリーズと双璧をなす,世界最高峰に位置する雑誌です.

このたび,このPolymer Chemistry誌からEmerging Investigator(新進気鋭の研究者)として選出され,私の紹介記事が掲載されました.

[PDF版・Open Access]
http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2018/py/c8py90042f

[HTML版]
http://pubs.rsc.org/en/content/articlehtml/2018/py/c8py90042f

世界の若手,中堅研究者から30名のみが選出される狭き門ですので,
大変感謝しています.
ここでお名前を挙げることはできませんが,
私とは縁もゆかりもない,
となる海外の著名な研究者が推薦して下さいました.

もちろん推薦だけで事足りるわけではなく,
それから学生たちがRefereeからの辛辣な要請にめげることなく実験を繰り返し,
成果や反証を揃えての採択となりました.

実際,こうした高分子合成や高分子反応の根幹に興味を抱く研究者は年々減ってきており,今回のキーワードである「流行の研究」に全く沿っていないため,一緒に名を連ねている他の研究者と比べて,評価もさほど高くないようです.
論文の紹介記事を見ても,当該分野が流行し,研究が注目されるまでの経緯が一切説明されていませんので.

しかしながら,何も研究者全員が同じ方向を向いて研究する必要もないわけで,
私はこうしたスタンスで今後も研究を進められればと思います.
こんな基礎研究でも私を推薦して下さった研究者の方や,
論文査読で好意的なコメントを下さった方々に,
改めて心から感謝の意を申し上げたいと思います.

0 件のコメント:

コメントを投稿